はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.17 Thu
三池 純正  真説・智謀の一族 真田三代

真田といえば、誰でしょうか。
幸村が今は一番人気なのかな。男性だと昌幸をあげる人も結構いますね。

幸隆、昌幸、信之、幸村の4人が選んだ道を通して、真田家について書かれています。小説ではないのですが、この時代の戦国大名や真田氏が好きな方にとっては面白いのでは。
たぶん1年半くらい前に初読だと思うのですが、再読すると新たに見える情景が変わっていて面白かったです。

私が最近気になるのは信之さんです。
この人がいなければ真田家は明治まで残ることがなかったと思います。
戦国武将らしく合戦上手、また頭のいい人で政治面でも有能。本田忠勝の女婿です。

信之さんが、父昌幸さんや弟の幸村さんに対してどういう感情を抱いていたのか、また真田家への思いや、自分の孫の代での跡目相続争いや、その後2歳の当主を残して死去することになった思いやらを考えてしまいます。

最後は、幸村の手紙にほろっときました。
紀州での日々を考えたら、そりゃあ戦うしかないよね。

昔、上田や松代を訪れたときには若い女の人は城跡にはいませんでしたが、今は結構多そうですね。
また、行きたくなりました。
スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.09.17 Thu 23:40 [ Edit ]
rubydredred
コメントありがとうございます♪

相手先のブログのコメントにも書いたんですが、こちらにも念のため。

もちろん参加です♪

ありがとうござりまする。わーい♪
2009.09.20 Sun 16:06 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://360x2.blog72.fc2.com/tb.php/92-ef6eb8ea


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。