はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.11 Wed
白状します!というほどのことでもないですが、戦国時代の次に平安時代が好きだったりします♪
幕末は登場人物が多すぎる上に、立場がごちゃついてるし「政治」って感じですっきりせず、
時代としては3番目くらいだったり。
平安時代で一番好きなのは、藤原道長~^^
貴族の若様~っていうよりもやんちゃで、個性的なお人です♪

さてさて、平安時代好き♪にぴったりってことで、
「超訳百人一首 うた恋」のアニメがスタートしたのでチェックしました♪
http://www.anime-utakoi.jp/
元々原作の方のBASARAの動画がすごーく好きで、うた恋の漫画も読み始めたんですが、
アニメもかなり面白かったです♪
(この人の動画でBASARAに興味を持ったんです~^^)

1回目と、2回目が放映されたので、その感想でも。

うた恋は、藤原定家が話を紡いでいきます。
彼がまとめた小倉百人一首をもとにして、各話が構成されています。
1つの歌と、その背景にまつわる話という構成。
超訳とつくだけあって、背景をわりと自由に考えた感じ。

第1回は、
在原業平。
「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くゝるとは」

業平といえばプレイボーイ中のプレイボーイ。
そして、優れた歌人。

平安時代って結構自由恋愛なんですが、帝の相手になる人は別。
手を付けちゃいけません。タブーです。
そんな人に手を付けたのが業平で、相手は藤原高子。
真剣に恋した二人は駆け落ちするけど連れ戻されちゃって、離れ離れになっちゃう。

この歌は、その辛い恋の相手である高子さんを前にして、恋が終わってずっと後日に歌った歌。
二人にしかわからない事情が隠れてる~と昔から言われてますが、
アニメの映像で駆け落ちのシーンがはさまれてたりすると、ちょっとうるっときちゃう。
すっごく好きで、思いあった中なのに手を握るどころか、
目の前にいても今は思いを言葉にすることもできない相手。
その相手に、その人しかわからないように伝えるメッセージ。
すっごい高等テクニック~♪

業平につっかかっていたかわいい感じの少女の高子が、
この歌を前にして余裕で受け流す大人の女性になっていて、すごく魅力的でした~。

月やあらぬ 春や昔の 春ならぬ 我が身ひとつは もとの身にして

業平の歌では、この歌も好き。
この歌は、彼女が御后様になっちゃって、失意の中で歌われた歌と言われてます。
俺だけが昔のままで、彼女はほかの男のものになっちまったって感じかな。
切ないよね~。両想いだったんだもん。

でもまあ、業平は高子一筋!なんて人じゃないんですけどねw


そして、第2回。
その高子の息子、陽成天皇。
「つくばねの峰よりおつるみなの川 恋ぞつもりて淵となりける」

この陽成天皇。評判がかなり悪い天皇でした。
9歳で即位、無理やり退位させられたのが17歳。
裏で色々あって、政治の中でかき回されちゃったようなお人。

その幼い天皇がすっごくかわいい~^^
もう周りの思惑から意地になってるみたいに悪さしちゃってる中で、一人の少女と出会うんですが、
この子だけがほかの人と反応がちょっと違う。
気になってしょうがなくって、「ブス」なんて言ったり、蛇投げつけたりと意地悪して、
最後に「嫌い」なんて言われちゃう。
とにかく意地っ張りで素直じゃなくって、かわいいんです♪

その少女が、彼の后となる綏子ちゃん。
二人の結婚は、政略結婚でした。

成長した後で自分と夫婦となった彼女に、
俺のこと嫌いなんだろ?通う男でも作れば?あ、もういるのか?なんてことを言っちゃう。
陽成天皇、とにかく周りへの不信感で満ち満ちてるんです。
子供の時よりもさらに素直じゃない、面倒な男。

その彼に、
嫌いです。だけど、夫婦になったんだから逃げずに向き合って、あなたに恋をしようと思う。
私はあなたを裏切ったりしません。
と、綏子ちゃんは語るんです。
初めてそんなこと言われて帰る朝帰り、天皇が作った歌。
当時は夫婦でも通い婚で、朝帰りに歌を作るのが礼儀。
なおかつ早ければ早いほど良し♪
天皇は、牛車の中で歌にしてるので◎♪

気が付いたら、お前を段々好きになってたんだ、
なんて感じで、意地っ張りの男の素直な気持ちってのがいいですよね~。
まっすぐな綏子ちゃんがすっごくしなやかな強さを持っていて、
この辛い現実がいっぱいあった陽成天皇にとってぴったりで、
二人の今後が見たい~って気分になりました。


そして来週は、遍昭で還俗前の宗貞で紹介がありました。
遍昭といえば、恋の相手はあの美女で決まり~♪ってことかな?


アニメ化してどんな感じになるんだろう~と思ってたら、想像以上に良かったです。
かなり噛み砕いている部分も多いけど、雅な雰囲気は崩さずに楽しめます。
平安時代にスポットが当たっているというより、恋のほうに照準があっていて、
なおかつ重たくないので夜中じゃなくてもいいのに~という感じです。
かなり面白かったので、来週ももちろん見ます♪


今期は、ほかに黒子と貧乏神を見ようかな~と思ってます。
あとはじょしらくくらいかな~。
スポンサーサイト
コハク
うた恋い。面白いですよね、私も見てます!
同じく杉田さんのBASARA動画が好きで…
平安時代や百人一首、あんまりくわしく知らなかったんですが、すごく楽しいです。
キャラクターが皆素敵ですよね
個人的に吉子とお兄さまのエピソードが好きです
2012.07.12 Thu 01:15 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://360x2.blog72.fc2.com/tb.php/654-b3325be7


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。