はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.05 Sun
まずはコメント返信。
ハコさんへ
花魁道中は、華やかさと一緒に色っぽさが必要だよね。
華やかな着物から覗く、白粉をはたいた真っ白の素足。
そして、それが黒塗りの下駄の上に乗ってる。っていう、とにかく艶っぽいことを連想させなきゃね。
せめて下駄の角は落として欲しいんだよー。
アニメになったら色っぽくなるかね~?


京都に行ったとき、
幕末維新ミュージアム 霊山記念館に行ったんですが、
http://www.ryozen-museum.or.jp/
そこで見た中岡慎太郎さんが、なかなか衝撃的な笑顔だったんですよね~。

で、この間色々見てたら面白かったので、有名どころでイケ面を集めてみました。
セレクトはかなり個人的なチョイス~。
攘夷派がほぼないのは、みんな明治のころの写真ばかりでおじーさんなんだもん。
ヤギみたいなお髭のおじーさんよりも、やんちゃしてるほうが魅力あるんだよね~。
300Nakaoka_Shintaro.jpg
いい笑顔してるよね~(^-^)/
この当時って写真を撮るのにすごく時間がかかるのこともあって、笑顔が少ないんですよね。
かなり貴重な笑顔~。中岡さんも、他の写真だとむーっとした顔してます。
中岡慎太郎さんは坂本さんと一緒に斬られちゃうんですが、即死ではなく2日間生きてました。
このときに襲われたときの状況について語ったことが、新撰組襲撃説に繋がるんですよね~。
実際に襲撃したのは京都見廻組といわれてます。

300tadasaburo.jpg
中岡さんの襲撃者、京都見廻組の隊士、佐々木只三郎さん。
結構温厚そうな感じだよね。
見廻組っていうよりも、先生っぽい。
佐々木さんは会津の人で、鳥羽伏見の戦いで亡くなってます。

300katu.jpg
銀魂に出てほしいけど出たら終了フラグかなと思わなくもないこの人、勝海舟~。
勝さんは本当にエピソード満載で、人間的にも面白い人。
この人を斬りに来た坂本さんが、斬らずに惚れて帰ってしまうくらい魅力的なお人です。
でも、海舟さんもかなり変わってますが、お父さんの小吉さんは比べ物にならないくらい変わってます。
しょっちゅう出奔、吉原遊びの着道楽、3歳の息子に家督を譲りたいといったり、
そのくせ剣に優れて喧嘩をしたら負けなしの男。惚れそうでしょ?
ちなみに、海舟さんの最後の言葉は「コレデオシマイ」。
跡を継いだのは、なんと最後の将軍慶喜の息子です。最後まで豪快~。

300Tessyu.jpg
なんか俳優みたいな山岡鉄舟さん。
西郷さんと勝さんの間を取り持った人です。
剣・禅・書の達人とよく書かれてますが、本当にこの人の書はかっこいいです。
書って全然分からないんだけど、山岡さんの書は惹かれます。
山岡さん、ちなみに身長は188cm。でかいです!
山岡さんは面白みは少ないけど、非常に武士らしい武士です。

300Kondo_Isami.jpg
局長~♪
新撰組局長、近藤勇♪
近藤さんの顔って、昔はかっこいいと思わなかったんだけど、段々かっこよさが分かってきたw
いかにも堅物~って雰囲気出してますけど、近藤さんの笑った顔も見てみたかった~。
新撰組って、正直近藤さんの魅力ひとつで出来上がっていったような印象を覚えます。
試衛館のメンバーなんて、近藤さん以外の局長は考えてなさそうですよね。


一人だけサイズがでかい、土方歳三~♪完全な贔屓ですw
幕末でイケ面といえば、必ず出てくる土方さん♪
最後の最後まで新撰組の副長であることを貫いた人です。
幕末の人物では一番好きです♪
洋装が似合いますが、着物姿も見たかった。
北海道での土方さんの日々を考えると、正直胸が痛みます。
江戸での日々とか京都での活躍とか思い出したりしたのかな~とか、
近藤さんと沖田さんに会いたかったろうな~とか考えちゃうんです。
土方さんは、今でも北海道のどこかに眠ったままで、多摩には戻ってません。
板橋では近藤さんと一緒のお墓だし、近くに永倉さんもいるのが救いかな。
頑張って建てた永倉さんに感謝ですね~。


幕末という激動の時代を過ごした面々は、勝った側も負けた側も魅力的な人が多いですよね。
いろんなエピソードを読んでるとすごく面白いです。
明治よりもずーっと面白いんだよな~。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://360x2.blog72.fc2.com/tb.php/595-ebd8f643


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。