はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.29 Tue
久しぶりの銀魂感想…お久しぶりすぎて何書いていいかよく分からなくなってる上に、
書いてる途中で地鳴りがすごい。グラグラはほんのちょっとだけ。
地鳴り凄かったり長く揺れると、どうしても怖いですねー。
3月前にはなかったタイプだから、震度が小さくてもイヤンなのですよー。

あ、思い出した。
ハコさん、すまん。必ず送ります!

では、銀魂感想。

先週までの分で、銀さんを思い出すということじゃなくて、
改めて信用するきっかけになったのが、各々の大事な相手が信じたからという展開で、
かなりぐっときました。
「自分と成り代わった」金さんを護るためにみんなが自分を攻撃することは、
こんがらがった糸をほぐせば銀さんへの思いと同意義で、
そりゃうれしくもなるってもんだよね。
あげくにちゃらんぽらんの銀さんだからこそ銀さんだと、
自分の仲間だといわれたら、そりゃ張り切るしかないわな。

それにしても、定春とお登勢さんはどこ行った。

というのが、先週までのざっくり感想。
で、今週。

金さんの中枢が破壊され、始まりの4人がその前に立つとき、
金さんの自爆により強大な催眠波爆発が起こり、かぶき町の全ての記憶が0に戻る。
バックアップした新しい体で、金さんによる新しい漫画がスタートされるというのが、
金さんの思い描いた目論見。
3人じゃダメなのね~。

うだうだと御託を並べる金さんを、袈裟懸けにさっくりと一閃しちゃう銀さんが素敵w
「話長くて半分以上きいてなかった」なんて、ヤンキーのケンカ前の台詞だw
金さんの頭をもぎ取って、切腹スタイルの銀さん。
正直ね、銀さんと切腹って一番遠いと思ってた。
死を伴う自己犠牲とただの自己陶酔は時に表裏一体の紙一重で、
それを今までの銀さんは他人がすることには肯定してなかったから。

四天王篇で一人で背負うとすることを新ちゃんに怒られて変わったかと思いきや、
銀さんはやっぱり変わってなかった。
自分一人が全部忘れることで周りが助かるなら、それを選ぶ人だった。
銀さんはいつでもそう、どんな戦いでもそうで、
一番苦しいときに減らず口を叩きながら笑って、
他人知れず一人で引き受けてしまう。
そんな銀さんを、分かっているからこそ3人が集まった。

金さんに突き立てた洞爺湖が砕けて、金さんの頭を抱える銀さんの前に、
新ちゃんと神楽ちゃんとお妙さんがいた。
全て承知で笑いながら銀さんに付き合ってくれる仲間と共に、
波動に包まれる銀さんの頬を流れる血が涙に見えて、うるっときた。

ってところで、次週。○魂がスタートだそうな。


ってか、定春どこ?ねー、定春はどこ?
お登勢さんはどうした。ねーねー、どこ?
次週は定魂でお願いしたいです。

あと、発動条件の二つですが二つ揃わないと発動しないのかな?
だったらあの面子が最後に揃わなかったらOKだったの?
それとも一つでもダメだったのかなー。


定春の行方が気になる今週でした。
きっと、万事屋で待ってるんだよね?
みんなのいる我が家で、待ってるんだよね?

ううっ、定春ーっ!
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://360x2.blog72.fc2.com/tb.php/564-598c88e9


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。