はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.02 Fri
すっかり書くのを忘れてた前田さんちに行った話でもしてみっか。

10/3の銀魂文化祭の行列にめげて香林さんと行ったのが、旧前田侯爵邸。
http://maskweb.jp/b_maeda_1_1.html
あの加賀百万石の前田さんちです。
ちなみに侯爵は、爵位は公候伯子男の順番。

渋谷から京王井の頭線で一駅、東大駒場前です。歩いてすぐ。
駒場公園の中にあります。
上野の岩崎さんちもそうですが、この前田さんちも東大が近いです。何故だろ?
前田さんちと東大は、土地の等価交換云々でいろいろあるんだけど、
書くのは面倒くさいので興味のある人は頑張って調べてね~^^/

駅から公園前での道のり、立ち並ぶ家が豪華豪華。
どこ見てもモデルルームの豪華版みたいな家ばかり。
お高いエリアなのに家がでかい。
個性的だけど周りに調和させてて、その辺が本当に金持ち~って感じでした。
季節柄どの家もハロウィンの飾りが凝っていました。

さて、前田さんちですが駅からてくてくと歩いて、
最初にある小さな入り口から入ると洋館が近いです。
そのまままっすぐ行くと、和館が近いです。
駒場公園は木が大きく人気がないので、どちらから行っても雰囲気が味わえます♪

wa111030-01.jpg
何かの撮影に使ってそうな和館の入り口。

wa111030-02.jpg
玄関から外を見るとこんな感じ。落ち着いた風情ですね~。

wa111030-03.jpg
大きな部屋に入って右手はこんな感じ。一部屋あたり何畳あったっけ?二十何畳だっったかな?
欄間はごちゃごちゃせずすっきりだけど、細部まで凝ってます。ズームできなかった。
wa111030-04.jpg

wa111030-05.jpg wa111030-06.jpg
部屋から眺める庭、鯉がたくさん泳いでて華やか。
木々の向こうが上手い具合に隠れてます。

和館を出て、道なりに歩くとここに出ます。
洋館の裏手~。なんかね、寂しげなの。
雰囲気としては上野の芸大の裏に似てるかも。
you111030-01.jpg

玄関~。この玄関の前が車寄せになってるんだけど、かなりでかい!
砂利がひいてあって、真ん中には薔薇が植えられてました。
そして、この時代の金持ちのお約束~なソテツも。
当時、馬繋いでたんだろうな~って所もあったりした。
you111030-02.jpg
旗が邪魔だよねー、建築会社の見学会みたい。
このお宅が○○○○万円で!みたいなね。
もうちょっとこの屋敷にあわせた方がいいよね~。

洋館はイギリスのチューダー様式だそうで、出来たのは結構新しく昭和4年。
和館は昭和五年で、建てたのは16代目の前田利為さん♪

you111030-03.jpg
玄関どーん。
ドアノブがごーじゃす。当時はキラキラしてたのかな?
you111030-04.jpg you111030-05.jpg

you111030-06.jpg
驚くことに、家族のお部屋は全館暖房つき。
案内人があちこちにいたんだけど、面倒くさくて勝手に見てたから詳しくは分かりませんw
そうそう、使用人のお部屋にはなかった…これはしょうがないねー。

you111030-07.jpg
お部屋を照らす照明も各部屋ごとに違ってます。

you111030-08.jpg
1階はこんな感じで、パーティールーム兼ティールーム兼みたいな感じ。
喫茶店?らしきものがあったので、お嬢様気分でお茶が飲めそうでした♪

お客様を通す部屋と食堂です。
you111030-09.jpg

窓の上部にも飾りがあるのだー。
you111030-10.jpg
you111030-11.jpg
一番豪華だったマントルピース。
マントルピースは大理石で出来てたり、前面の鉄の格子部分の細工も細かくて、
とにかく迫力が違います。
本物の贅沢ってこういう細部に出るよね~という感じ。

さあ、2階に上がりますわよ♪
2階は家族のプライベートスペースって感じです。
この階段の右側のガラスはステンドグラスで、上に行くほど黄色い色合いになってるんです。
下から見ると白い光、上からだと黄色い光で雰囲気が違います。
you111030-12.jpg

you111030-13.jpg
寄木細工の床に重厚感溢れるマントルピース。

そこでお待ちになって?何て感じで通したのかな?
you111030-16.jpg

旦那様のプライベートルームですよ。
でかいトランクにMAEDAの文字。真ん中に浮かぶのは前田家の家紋「加賀梅鉢」。
ガラスの棚に何を飾ったのかな~?
加賀だから九谷焼かなー。
you111030-14.jpg

you111030-15.jpg
微妙に各部屋のしつらえが違うんです。

you111030-24.jpg
お嬢様の部屋だったっけ?
女性陣のお部屋は、入ると柔らかい雰囲気になってて壁紙が微妙に違ったりして、すぐ分かります。

ベランダは出られないよー。
床のタイルがいろんな色。きれいな翡翠色のグリーンがアクセントになってた。
you111030-17.jpg

奥様のお部屋~。
窓の手前にあるのは化粧台。すごく繊細な感じのする細工です。
旦那様もこちらで睡眠。
奥さんのもとに夜通ってくるというのは、江戸時代の殿様と同じですねー。
you111030-18.jpg
you111030-19.jpg
ベッドの側面は革貼りだったと思う。

急に簡素になったのは、こっちは使用人用なのかな?ってスペースだから。
こっち側とあっち側ではくっきりと差が付いてるんです。
会議室だったか、なんだったっけ?
こっちにあった和室も3畳くらいなの。さみしーねー。
you111030-20.jpg

窓の向こうはお嬢様のお部屋。うらやましーわー。
日本じゃないみたいな光景ですね。
you111030-21.jpg

ぐるっと2階を一周すると、さっきの階段を上がったところに出ます。
you111030-22.jpg
you111030-23.jpg
ドアの上までこんな感じで凝りに凝ってる前田さんちでした。

you111030-25.jpg
公園から玄関を眺めるとこんな感じ。
木々が大きくて全体像は撮れません~。今頃は紅葉がきれいなんじゃないかな?

上野の岩崎さんちより公園のスペースが広く、人がいない。だからゆったり見れます。
品のいい豪華さで、さすが加賀百万石といった感じ。


無料で見られるのでおすすめです♪
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://360x2.blog72.fc2.com/tb.php/563-b6c8662c


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。