はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.27 Mon
ジャンプ表紙の銀さんがかっこいい♪
めずらしくいつものぴっちり黒シャツじゃなくて、着物です。浴衣かな?
扇いでるうちわはいつもの渦巻き柄。

今週のタイトル、「からのほし」とルビがふってあるんだけど、
「から」と「そら」と両方の意味かなと邪推。

自分を助けに来た桂の名を呼ぶエリー…頭の中でだけどねw
そんなエリーに対して、同じく頭の中で会話するヅラ。
自分を探しに来たことに戸惑うエリーをみるヅラの表情がすごくいい。
ヅラザベスなので顔しか見えてないんだけど、ヅラが泣く寸前みたいなこらえてるみたいな顔してる。
そんな桂を見て、泣くエリー。エリーの涙を見て、泣くヅラ。
エリーの手まであと一歩を邪魔する米堕閣下。

ここってかなりいいシーンなんだけどさ、
ガンダムといえば、初代しかよく分からん私にはどっからどこまでがパロなんだか分かりませんw
なんとなくパロになってるあたりは分かるんだけどね~。
アニメになったら、だれかがどっかで比較をあげるから、それを待とうかな。
ってか、初めはガンダムっていうよりもさ、SWだったよね。


閣下には修復機能がついてたらしく、先週ばっさり桂さんに斬られたのに復活です♪
そんな閣下を攻撃したのは、エリー以外の蓮蓬さんたち。
さかもっさんの商いが実を結び、蓮蓬同盟が結ばれたそうな。
「友一人いぬ星に いかほどの価値がありましょう」と閣下に問う蓮蓬の言葉が好きですw
まあ、「友」というヅラワードだけじゃなく、
スーファミというアナログワードで坂本さんに落とされた蓮蓬のほうが好きだけどねw

ヅラザベスとエリーで
「ありがとウサギ」「AC」のコンボを決めるコマがすっごくかわいい。
このエリー篇の初めにあったACネタがここで繋がるか、というきれいな展開。


地球代表の鉢巻を締めたギンザベス。かわいい外見とは裏腹に、かっこいい♪
「誰も心に留める事もなく 誰の心にも留められる事もなく
空っぽのまんま 空っぽの星で消えていけェェェ!!」
と、なんかすっごくかっこいい台詞を口にしながら、反撃する閣下を攻撃。
ギンザベスも、銀さんのやる気に比例してかっこいい表情になってます。

そんな閣下自身が星そのものであり、
蓮蓬の母星の頭脳である蓮蓬母艦中枢システム「SAGI」そのものだったようです。
そして顔だけだった星が、蓮蓬の形と化してます。
すっげー、ハイテクエリー星だ。

白夜叉にホワイトテンパーとうまいルビをふった、坂本テンパw
ホワイトテンパーから、3倍バカなザコなんていう、こっちもうまい呼び方されてるw
相変わらずおバカな中二で下まっしぐらな男どもに、いつでも男前な銀魂女性陣。
カミソリ副官、坂本さんが知らない間にロボットを作成してたようです。
その名も、「超商船隊 ロボカイエーン!!」び、微妙。
ほうれい線の浮かんだ顔でネクタイ締めて、右足には千客、左足は万来。
金よこせ的なゼスチャーかまして、かっこ悪wという登場で、次週です。


坂本さんって、陸奥さんに対してだけ暴言をはきますね。
いつもはへらへらかわすのに余裕がないキレ気味の返しになりますね。
坂本さんを遠慮なくビシバシ文句言いながら後ろから支えてるんだろうなあ。
陸奥さんは総スルー状態で、冷たいとこがいい♪
意地の張り合いをする神楽ちゃんと沖田さんと、またちょっと違う言いあいです。

エリー篇、思わぬ長編になってますね~。
来週が楽しみです。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://360x2.blog72.fc2.com/tb.php/499-0545a6eb


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。