はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.19 Tue
津田 雅美  「ちょっと江戸まで」4

なんだか少女マンガしてきたな~っと思えた今巻でした。
中学三年生、15歳っていったら恋ですよ、恋♪
ってことで、あっちでもこっちでもほんわり色づいてきた感じw

本邸に移ったそうびちゃん、なんだかきれいになってきてます~。
腹ペコの絵師を助けたり、
若様そっくりさんを捕まえたり、
できる大人~な雰囲気の高坂さんに兄上を重ねたり、
若様ラブな紀州の若殿が入学したり、
大奥養成コースに見学したりw

そうびちゃん、むらむらフェロモンが増してます!
あっちこっちの女の子をくらくらさせちゃってます~女の子なのに~。
美女勢ぞろいな大奥養成コースの皆さんも、くらくらしちゃってます。

そんなこんななそうびちゃん、自分を取り巻く環境もちゃんと分かってきたようです。
若様が見た目と違う、本当の意味での殿様だってことも。
前巻の島津の姫君に、ちょっと嫉妬したそうびちゃん。
水戸家の坊ちゃんと、大身旗本とはいえ3000石のおうちの庶子のそうびちゃん。
江戸時代の身分差は基本的には絶対だからね~。

かたや、若様。相変わらずかわいーw
若様の懐の大きさや発想の自由さが今巻もでてます。
そうびちゃんの周りに嫉妬してじたばたしたりw
傍若無人なようで、若様ってちゃんと自分の立場を分かってるんですよね~。
育ちがいいってこういうことなんだと思う。

大奥からも熱い視線が注がれているらしい若様と
そろそろ自分の立場をはっきりさせなきゃいけないそうびちゃん。
次の巻ではもうちょっと恋~な展開になるんでしょうか。
楽しみです♪

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://360x2.blog72.fc2.com/tb.php/376-e5c64c96


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。