はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.05 Tue
駅への坂道に栗のイガがごろごろ落ちてるんですが、いつ見ても中身がからっぽです。
勝手に生えてる栗なんでかなり小さいんですが、小さい分とってもかわいいです♪
もう秋ですよ~ ^o^)/


桐野 作人  「関ヶ原 島津退き口 ~的中突破三百里」

島津といえば関ヶ原か幕末かという単純な脳みその持ち主なんですが、
いかんせん島津は遠くご縁もないので知らないことだらけ。
前々から興味があったものの、手に取る事もなかった島津関連です。

この本、島津について初歩的なことを知っている人が読んだほうが面白いです。
とはいえ、分かりにくいと言うわけではないんです。
ただ家臣の武将について名前を出されたり島津家の歴史について書いてあってもぴんとこないんで、
何度か前を読み返しながら読む必要がありました。
初めに義久、義弘兄弟について書いてあり、島津家の内情があるのでその後がイメージしやすかったですよ。

関ヶ原の島津というとなんとなく力で押し切るようにして退いた印象があったんですが、
実際の戦場での縫うように駆けていく様子やその後の領地までの苦難の道程が、よく分かって面白かったです。
なかでも農民による落ち武者狩りの厳しいこと。光秀の最期を思い出しました。
変装したり演技したりと、義弘公を逃すための必死さが伝わりました。
文献で数字を読み解くだけでは分からない、戦場での命のやり取りです。

最期の方で義弘公を守るために戦った家臣たちの話が出てきます。
途中で亡くなったり生き残った人のその後を読むとほろりときます。
中でも中馬大蔵が戦後に若い者に退き口について語って欲しいと言われ、
正装していざ語ろうとするのですが、
「関ヶ原と申すは……」と口にしたものの涙が溢れてきてしまって語れなかったという話。
読んでるこちらも涙です。

義弘公についてというよりも、本当に関ヶ原の島津についてに焦点が絞ってあるので
そこに興味のある方向きです。
鹿児島はホントに遠いですよね。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://360x2.blog72.fc2.com/tb.php/367-c7b3ed37


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。