はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.04 Fri
龍馬伝に先日行ったんですが、今日は細川家の至宝展にも足を運んできました~。
会期が6/6まで!ということで、かなり慌ててますw
去年は行きたかった展覧会に全然行けなかったので、今年はがっつり行きたいなとw
近々にもまだ行く予定です~♪

開催されている東京国立博物館は上野にあるんですが、いつもよりも上野に修学旅行生がめちゃくちゃ多い!
あっちに行ってもこっちに行ってもわらわら。
シーズンなんでしょうけど、上野でこれだけ見かけるのってはじめてかも。

東京国立博物館の本館(左)と開催されている平成館(右)
touhaku-honkan.jpg touhaku-heiseikan.jpg

どちらもすごく雰囲気があります♪本館の屋根には立派な鬼瓦も乗ってますよ~。
何度来ても飽きませんw 大好きです♪ 
長いので畳んでおきます。
いつものように、ざざっと一周して気に入ったのだけ再度見るという見方で見てきました。
二度見たのは武具、馬具、陶器などなど。

鳥の毛でできた陣羽織が見事でした。黒い部分の羽が妖しい紫や緑を含んだ黒。
光を受けてそれがきらきらするんですw

他にも鎧甲冑に兜。
兜の前立ては鍬形や山鳥の羽を頭上に立たせたものなど。渋めな感じ。
圧巻なのが、非常に精緻な桜をあちこちの金具に散らしたものなど。
また螺鈿や蒔絵の鞍にまで古歌を散らしたりと、貴族的な武家である細川家ならではというものも。
信長、秀吉、家康からの書状が多いのも頷けます。

また、刀剣類や刀の拵えの見事な品も多い~。
どれもこれもじっくり鑑賞しましたw見ていて飽きないんですよね~w
刀は見ているだけでテンションが上がりますw

そしてこれも細川家っぽいなあと思う、能の面や衣装の数々。
能の衣装ってとにかく豪華!刺繍は見事だし、構図は面白いし♪
また茶道具や茶器もいっぱい出てました。
油滴天目の黒地に銀のしずくを淡く散らしたような姿や、長次郎の黒楽の吸い込まれそうな漆黒。
また唐三彩の鮮やかな色。

現代を代表する画家の数々の絵。

あー、ほんとに豪華~。
普通の展覧会なら主役になっちゃいそうな品があちこちにあって、目移りしまくりですw

そして、いつものように特別展のあとは通常展♪
ここの通常展は豪華です!特別展だけで帰るのはもったいない!
特別展で十重二十重でじっくりみられない品と、同時期で同クラスのものが独り占めw
写真は禁止マーク以外のものはOKだったと思うので、係りの人に要確認です。
とにかくゆっくりじっくり見られるので、好きなものだけ拾い見しても楽しめます。

リンク貼っておきますね。
東京国立博物館のHPへ

細川家の至宝展はこのあと、
京都国立博物館:平成23年(2011)10月8日(土)~11月23日(水・祝)
九州国立博物館:平成24年(2012)1月1日(日・祝)~3月4日(日)
と回るそうな。ってか、来年と再来年って!

ってことでちょこっと建物でも。

本館と平成館をつなぐ通路。外には庭園が見えます~昼寝しちゃう人もいますw
壁は細かなタイルで模様が描かれてます。すごく静か。
touhaku-tuuro2.jpg touhaku-tuuro1.jpg

本館の入り口正面の大階段~。ドレスを着た人が降りてきそうな感じ。
touhaku-honkan01.jpg touhaku-honkan02.jpg

雰囲気たっぷりのドア。あちこちに鈍い色の金が使われてます。
touhaku-honkan03.jpg

表慶館は緑のライオンがいます♪
touhaku-hyoukeikan02.jpg touhaku-hyoukeikan01.jpg

そして、池田家の門。これも重厚で大好きw
touhaku-mon.jpg
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://360x2.blog72.fc2.com/tb.php/279-c1e1c9f0


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。