はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.30 Tue
先週よりも今週の銀魂のほうが、うるっときてました。
なんかねー、銀さんがねー、万事屋がねー。

映画後悔まで一ヶ月を切り、来週にはよりぬき銀魂さん♪
苺牛乳なコラボもあるし、ファミマの店内放送もあるし盛りだくさんですね。

日曜日にはエリーの中の人が生で映像編集をツイッターから流してました。
机に反射している映像ですので、ほとんど内容は分からないんですが声は雑音混じりに聞こえてきました。
エリーの中の人のツイッターを見ていると、ほんとに銀魂が好きだし盛り上げようとしてるというのが分かって、ただのファンも応えなきゃって気分になります。
あと、一ヶ月♪
そして、次のアニメ銀魂へとつながるといいですね~。

ああ、今回の感想ですが、台詞の引用多数です。
だってさー、すっごい好きなんだもん♪いい台詞なんだもんなー。

お登勢さんの家の仏壇の前に一人で座ってる銀さんの横顔がぼんやりと虚ろで、丸まった背中といいなんだか見ていて切ないです。
旦那さんである辰五郎さんの形見の十手と刀を携えて、一人で立ち向かおうとする銀さんの前に新ちゃんと神楽ちゃんが。
連れて行ってという二人をまた置いて一人で行こうとする銀さん。

そんな銀さんの襟元をぐっと掴んだ神楽ちゃん。
「いい加減にするアル 銀さんもバーさんも間違ってるアル 
一人で何もかも 勝手に背負い込んで勝手にいっちゃって…それで救われたって私たち何も嬉しくないネ」
下を向いたままの神楽ちゃんと、それを見下ろす銀さん。目がね、静かなんです。

「バーサンがいなくなったら助かったって何にも嬉しくないアル 
銀ちゃんがいなくなったら生きてたって何にも楽しくなんかないアル!!」

顔を上げた神楽ちゃんの目に涙が浮かんでるんですが、それ見てるこっちもうるっときちゃいました。

「…楽しくなんか…なくったっていいだろ」
と呟く銀さんの横顔がね、すっごくね寂しげというかなんというかでねー。

「それでも俺ァ てめーらに生きててほしいんだよ」

って…。銀さんの二人に対する気持ちがね、時分の過去に対する想いがあふれてるような気がして、うるうる倍増です。
「もうごめんだなんだよ あんな思いすんのは もう誰一人 死なせたくねーんだよ」

そんな弱気の銀さんを殴りつけた新ちゃん。

「アンタそれでも坂田銀時かよ 
何度も大切なものをとり零そうと 何度護るものを失おうと 
もう二度と何かを背負い込むことから逃げない!! 
そう旦那さんに誓ったんじゃないのかよ!!
 
一旦護ると決めたものは絶対護り通す それが坂田銀時じゃないのかよ!!
ちょっとくらいお登勢さんが危ない目にあった位でなんだってんだよ!!

お登勢さんはあれくらいじゃ死なない!!
僕らは死なない!!
アンタは死なない!!

何故ならアンタが僕たちを護ってくれるから!!
何故なら僕らが絶対アンタを護るからだ!!

それが万事屋じゃないんですか
そうやって僕ら三人…今迄…色んなもの護ってきたんじゃないですか」

新ちゃーん!

神楽ちゃんの優しさと新ちゃんの強さ、そして二人の銀さんに対する圧倒的な信頼感。ぐっときちゃって、記憶喪失の回を想いだしました。
野良猫編のときにお登勢さんが語っていた一人ぼっちだった銀さん、失わないために一人でいることを選んでいた銀さん。銀さんがずっと抱えていたものをもっと大きく包んでくれる二人が、少しずつ登ってきた階段を見るようでした。
背負うた子に教えられって言葉を思い出しました。

そして銀さんを信じてい、たたまさんとキャサリン。
みんなで食べる仏前に供えたお団子が、黍団子に見えましたwももたろーw

スナックお登勢を壊そうとやって来た面々の前に、いいちこならぬ苺牛乳をぐびぐびやってる銀さん♪
形見の十手と刀抱えてかっこいー。特に、十手を肩に乗せて刀差した銀さんの後姿がかっこいーです。

ってことで、次週はかぶき町を敵に回して大立ち回り~♪
すっごく楽しみです。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://360x2.blog72.fc2.com/tb.php/229-5f161893


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。