はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.21 Sun
拍手ありがとうございます。
もうね、ぼろぼろなだけに染みるようにうれしいです。

月曜日のジャンプ読んだものの感想を書く時間がとれず、連休のための土曜日発売と一緒の感想です。


スタンプラリーの情報が載ってましたが、東京は京成線ってどういうこと?と思うんですがね。
ほとんど千葉半周しなきゃいけないような状態な気がするんですけど…池袋はお金取るとこ多いしなー。
大人の事情ってすごいなーと思ったり。ラリー日を迎えても全く表示をしない京成のHPに笑ったり。

まあ、春休みの関東地方なんで配布数に限りがある場合、あっつー間に終わるんでしょうねえ。私は行けるかどうだか事体が体力と気力の勝負な気がします。スタンプは見てみたいなあ。


2週分の銀魂、銀さんが、銀さんがいろんな意味で心配でした。
もうね、来週も含めて今から心配です。
ああ、すんませんが長いです。二週分だからっていうよりも、脳味噌が暴走気味。

スナックお登勢に駆けつけた銀さん、誰もいない店に残されていたお登勢さんのつれない書置きを見て、それがわざとだということも分かってしまって。必死にお墓へ駆けつけて。

かたやお登勢さん。みんなを巻き込みたくないと、自分だけで終わらせてくれと、あいつらは勢力なんかじゃなくて家族なんだと、次郎長さんに言い。その顔の優しいことがなんかね、染みます。

降り出した雨の中、息を切らして銀さんがお墓に向かい、目にしたのは旦那さんのお墓を背にして血を流して座っているお登勢さんの姿でした。お登勢さんが穏やかな笑みを浮かべているような姿で、その横顔に彼女の過ごしてきた半生と今とが映っている様な気がします。
お登勢さんが穏やかに目を瞑っていればいるほど、みんなを巻き込みたくないという言葉がじんわり染み出してくるようでね。

そんな姿にお登勢さんを変えた次郎長さんに銀さんが夜叉でした。
銀さんがあれほど表情を変えて、怒りの感情のままに戦う姿を見るのは胸が痛かったです。
怒りに身を任せた銀さんは次郎長さんに吹っ飛ばされて、ぼろぼろになって、砂利の中を這いずり、お登勢さんの下へあと一歩のとこまでやってきて。
這ったままお登勢さんを見あげる銀さんが母親を見る子供のようで、何も言わないお登勢さんに

「バーさん」

という一言が重くて。

まだ今よりもずっと若い銀さんとお登勢さん。雪の降る中お墓の前で出会った二人が、雨の中お墓の前で今度はお互いにしゃべることすらままならず、銀さんの思い出す「バーさんを護る」という言葉。
銀さんにとっての松陽先生とお登勢さんの二人って、何よりも護りたい人で、恩人なんて言葉では片付かない人なんだと思います。言葉をそこへあてることの難しいような存在。

そんなシーンで終わった300訓。
お登勢さんより銀さんが心配でした。銀さんの気持ちが心配でした。
そして、301訓。

病院へ運ばれたお登勢さんを見守る新ちゃんと神楽ちゃん、キャサリンにたまさん。そんな4人のところへやって来た西郷さんがスナックお登勢のカウントダウンを告げ、そこへ現れた銀さんの目がね、見てると切なくなるような目をしていて。
店をたたむという銀さんにくってかかる必死なキャサリンがね銀さんを信じてたってことも、立ち去ろうとする銀さんに追いすがる新ちゃんと神楽に背を向けたまま「俺ァもう 何も…護れる気が…しねェ」と呟く銀さんもね、それを見る四人もね、なんかね、もう見てるのがつらくて。

勝男さんが語る次郎長さんとお登勢さん、そして旦那さんである辰五郎さん。辰五郎さんは岡っ引きってことは新門辰五郎が由来ってことなのかな。ってことは、中々の人物。
まあ、あのお登勢さんが惚れるだけの男なんだから並の男じゃないはず。
辰五郎さん、次郎長さんをかばって戦のさなかに死んでいったそうな。

罪滅ぼしに必死な次郎長さん、次郎長さんに見てもらいたくて必死なピラコちゃん。そんな二人を見て、「何がオジキのためになるんか、お嬢のために何ができるんか、何が仁義なんか……もうわしゃようわからんようなってもうたわ」と、銀さんへ呟く勝男さんの寂しげな横顔。
そんな二人を俺が潰すと呟く銀さんの暗い顔。

お登勢さんがそんな銀さんへ
「銀時…アンタの死に際なんて…あたしゃ見たかないよ」と。
あー、お登勢さん!
そして、銀さんと見交わすお登勢さん。
銀さんがね、お登勢さんの声を聞いてね、目を見たらね、優しい顔になって笑みまで浮かべちゃって。
「バーさん家賃は必ず返す だから…待ってろ」
って言うんですよ。笑顔で。

目を覚まして最初に銀さんのこと心配したお登勢さん。
銀さんが全部一人で引き受けちゃうことも、無鉄砲なことも多分お登勢さんはみんな分かっていて、それでの言葉なんだろうな。
銀さんが今の銀さんであるのは、このお登勢さんがいるからなんだろうなあ。

銀さんが白夜叉なら、お登勢さんは母性の象徴であるような鬼子母神なのかな。夜叉繋がりだし。


そんなわけで、気になるところで次週です。
銀さんが一人で戦うということはなく、多分新ちゃんや神楽ちゃんや、今まで銀さんやお登勢さんに縁を受けた人も戦ってくれるはず、と思って三月最終週のジャンプを待ちます。
スポンサーサイト
メグ
はじめまして!!こんにちは^^
メグと申します。
ハコさん&かずはさんのブログからきました^^
色塗りが上手すぎて感動しましたぁ^^
えぇっと
突然で申し訳ないんですが
リンクしてもよろしいでしょうか?
よろしければ私のブログもリンクしていただけるとうれしい…
お暇であれば私のブログに遊びにきてくださいね^^
2010.03.25 Thu 23:02 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://360x2.blog72.fc2.com/tb.php/224-46db09d7


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。