はじめによもやまペット本(小説やら漫画やら)銀魂色塗り自作の話HRK博物館や美術館寺社仏閣

ぱちぱちエリー



活動中のサークルHRKのHPです
HRKは通販もやっています。

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.11 Wed
拍手ありがとうございます~。
より魂を見るのも忘れてました。今週はカブト狩りだったんですよね~、さっき見ましたv
神楽ちゃんにつられて地面につっぷす山崎の横で、
なーんにもしないでつったってる土方さんがツボでした。

こないだから銀魂のシーズン4の10に付いてきた設定のブックレット4を見てるんですが、
地雷亜のクナイがどこから使うかとかパッチーナのモザイクだの仔銀ちゃんの刀だの
見ていて面白いものが一杯でした。
すごく細かく決まってるんですね~。


タイミングが合わずに書くのをすっかり忘れていたんですが、7月に行ってきました。
「ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界 」です。
場所は渋谷のBUNKAMURAです。 8/29までです。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/10_brueghel/index.html
http://bruegel.jp/top.html

絵の紹介の動画がHPにあります。
下のサイトのほうがキャラクターとか見れるので面白いかも。

bunkamura-hanga.jpg
魚が空飛んでたり、卵から足が生えてたり、胃袋があいてたり、お猿がいたり。

風刺画やことわざあそび、教訓めいたものなど多数です。
こういう不思議~な版画だけではなく、正統派の版画ももちろんありますよ~。
私が行ったときは絵の前に何列も人が並ぶというほどではありませんでしたが、
細かな絵なのでじっくり見るために列を作るという感じ。
見ている人は若い人が多かったです。

点数が多くて会場も広めなのにじっくり見る分とても静か。夕方だからかな。
思わず笑いたくなるような絵が多かったんですが、
ガヤガヤしながら見るのは厳禁な雰囲気でしたので、ご注意を。

この銅版画ですが彫る人によって印象は随分違うものになるので、
絵を見比べてみると面白いです。
また、ものすごーく細かくてよく見ても見切れないくらいなんですが、
じっくり見たいのに図録が売ってないんですよー。なんで?
ハガキのチョイスも…という感じだったし、グッズよりも図録が欲しかったです。

そんな中…版画に描かれた奇妙なキャラのガチャガチャを発見。
300円投入して、やってみましたv
http://bruegel.jp/character.htmlのキャラクターの琴ペンです。かわいー。


BUNKAMURAって行ったことがなかったんですが、雰囲気よかったです。
ドゥ マゴ が入ってたりアート系のショップも面白かったです♪

このあと新潟でも9/4から10/17までの開催予定のようです。
http://www.ncam.jp/exhibitions/20100904k.html
スポンサーサイト
2010.07.20 Tue
拍手ありがとうございます~。
いきなり夏突入~ってことで、やたらに眠くて仕方のない私の目が覚めますwww
ここのところ、食べると眠くなり、目が覚めると腹が空くというスケジュール。

銀魂の監督である藤田陽一さんが今週末プチョンに行くようですね~。
うれしい発表があったりするといいなー。


連休中に美術館に行ってきました。
昨年の5月26日に亡くなった栗本薫さんの「栗本薫/中島梓」 展です。
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
2010.06.05 Sat
拍手ありがとうございます♪
いろんなとこでの拍手、感謝です。

「金はないけど何か見てみたい~」というリクエストもあって、
美術館好きで井上雄彦先生もほどほどに好きな友達と
東京都現代美術館 エントランスで行われている
井上雄彦 エントランス・スペース・プロジェクト《ガシュウ君とぼく》に行ってきました♪

中に入ると、プレートがひとつずつ立っていて、
そこへ言葉と絵が書かれていて、最後に大きな絵がどどーんと立ってます。高さ7.4m、幅6mもあります。
中の実際の絵は撮影禁止ですが、製作過程の映像をどうぞ~♪
コレ、圧巻です。墨で描かれてるんですが迫力が凄い。


大きい映像はこちらへ → http://www.youtube.com/watch?v=mElR5BDpog4

東京都現代美術館のHPへ
6月20日(日)まで無料で行われてます。
駅から歩くのと、前日に「細川家の至宝」で歩いて
少々くたびれ気味なのもあって、コレだけ見て帰りました~。

東京都現代美術館は始めて来たんですが、客層が今まで行った美術館で一番若い。
20代くらいの美術やデザインを学んでます♪って感じの子が多くて、
服装なども見ていて面白い子が多かったです。
2010.06.04 Fri
龍馬伝に先日行ったんですが、今日は細川家の至宝展にも足を運んできました~。
会期が6/6まで!ということで、かなり慌ててますw
去年は行きたかった展覧会に全然行けなかったので、今年はがっつり行きたいなとw
近々にもまだ行く予定です~♪

開催されている東京国立博物館は上野にあるんですが、いつもよりも上野に修学旅行生がめちゃくちゃ多い!
あっちに行ってもこっちに行ってもわらわら。
シーズンなんでしょうけど、上野でこれだけ見かけるのってはじめてかも。

東京国立博物館の本館(左)と開催されている平成館(右)
touhaku-honkan.jpg touhaku-heiseikan.jpg

どちらもすごく雰囲気があります♪本館の屋根には立派な鬼瓦も乗ってますよ~。
何度来ても飽きませんw 大好きです♪ 
長いので畳んでおきます。
2010.06.01 Tue
エリーのツイッターに、公式のHPには記載されていない紅桜編の上映館の情報が載ってますね。
公開前から公式には載らないような細かいフォローとすばやい情報が出ていて、本当に頭が下ります。
公式にももうちょっと頑張ってもらいたいな~。
「青森コロナシネマワールド、佐久アムシネマ、ワーナーマイカル新石巻・名取・むさし野、千葉ニュータウン、御経塚、三田ウッディタウン、戸畑、ユナイテッドシネマ豊橋、真正、なかま・他に19日からの所もあり。」だそうです。
ちょこちょこ更新してくださるので、まめにチェックしてますw


江戸東京博物館で開催されている「龍馬伝」に行ってきました~♪
ryoumaden.jpg

5月に京都に行ったときに霊山歴史館で、龍馬を切ったときに帯刀していた刀が展示されていたんですよね~。
で、切った刀は江戸東京博物館の「龍馬伝」へ出張中~ということだったので、行ってきました♪
ここの常設展は写真OKが多いし、日本橋の復元やらジオラマやら家の様子が分かったりと
盛りだくさんなんですが、もう何度か行ってるって事と今回は時間がないって事もあり、龍馬伝のみです。
残念ながら、龍馬伝は写真撮影禁止でした。

修学旅行生がずいぶん歩いてました。時期なんですね~と思いながら両国の駅からてくてく。
江戸東京博物館の左手は国技館。場所開催中はのぼりが立ってます。

館内は人がやっぱり多い~ブームなんですね。お年寄りが多かったんですが、ビジネスマンっぽい人も。
また、普通の展覧会より男性がかなり多い感じです。
甘い匂いがふわ~っとしてきて、前を見るとお相撲さんがいました。
びんつけ油の匂いって、いい匂いなんですよね~。

書簡類が多いので説明調になりがちなんですが、ところどころにある愛用品や、
当時の人々が身につけた品の回りに人垣ができてました。

龍馬から宛てた手紙は乙女姉さんへの手紙が圧倒的に多く、乙女姉さん大好き♪な竜馬の思いが伝わります。
お登勢さんに数通とお龍さんへは一通。
お龍さんは全部燃してしまったそうです。
そんななか、龍馬がお龍さんへ贈ったといわれる帯留めが。自分の刀の拵えから作ったといわれるものでした。
龍の小さな帯留めを見てるとなんだかうるっときます。
断ち切るように全部燃やしたのに、これだけは手元に置いてたっていうのがね。

他にも暗殺現場の再現や二条城のふすまなどもありました。
龍馬に教えを説き、琵琶湖疏水に関わった河田小龍の朱竹図屏風も圧巻でした~♪
龍馬を切った刀は、錆が浮いています。
京都にあったのがびかびかなほど研いでいたのでその違いが気になりました。
龍馬の愛刀もありましたよ~♪

一番前でじっくり眺めて…という見方ではなく、いつも後ろから拾い見をして気に入ったのだけじっくり見るという見方なんですが、それでも十分楽しめましたw

6/6まで江戸東京博物館で開催され、その後は
6/19~7/19京都文化博物館
7/31~8/31高知県立歴史民俗資料館
10/2~11/3長崎歴史文化博物館
と回るそうです。龍馬にちなんだところばかりですね。


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。